三泊で、ヘルシンキ経由、タリンへ。エストニアです。石畳みの街。既にソビエト時代の残り香はなく、でも、ロシア聖堂だけは、優しく旧市街地を見守ります。



G1 にいらしていた、松山さんのお寺、妙心寺。

雲龍図と明智風呂を見に行ってきました。ガイドの方の説明がとても分かりやすく頭に入りました。

松山さんの退蔵院、こちらの、お庭も立派で、陰陽の庭が印象的。

昨晩の究極鍋、

決まりが沢山ある。

遅れない、動かない、沢山飲まない、自分でやらない。そして、スープ飲まない。
これを達成するものが、あの美味しさを受けることができるのだと、理解何事も決まりが必要と思った次第。

バリアフリーの環境かどうか、両親を連れていく場所の検討から気になることがあります。まず、日本の旅館はまだまだ布団が主体、これは、年をとると、きつい。また、大浴場も、手すりがついていても、なかなか、完璧ではなく、これもまた、厳しい。そして、部屋風呂でも、おしゃれなところは、お風呂の高さが高くて、入りにくい。など、若い時には気にならなかったところがいくつも。

都内の駅は大抵は、エスカレーターか、エレベーターが完備されてますが、中には地下鉄などで、階段しかなかったり。

インバウンドに対応すると同時に、高齢化する日本の社会、迅速な対応が必要です。

旅も、あと、15〜20年もしたら、ガンガン行けなくなると、今しかないかも。

色んな意味で行ける時に行こうと言う気持ちもあり、今年は、良く旅をしました。特に好きなのは京都ながら、今回は、特別なツアーに参加し、北陸福井に再度行ってきました。永平寺は二度目、しかしながら、東尋坊に行ったことがなく、楽しみにしてました。荒い日本海の波に飛び込む人の気が知れず、近くの雄島には、沢山の霊がいるなど、背中がひゃっとする話も聞きました。それにしても、同じ海なのに、何でこうも色合いが異なるのか、日本海。

壁紙にしています





紅葉、緑、黄色、赤色、オレンジのグラデーション、本当に素晴らしい。

疲れた身体に良い保養かな


伸びたよ!

最近病みつき、美味しいし、すごく上品。麹がきくね!


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

twitter

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM