https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190624-00287371-toyo-soci&fbclid=IwAR38UCPiUqI9y0CPw-uwbgYl95nVlMJJ_e-_DvyKnGgB5ul2wkNNhlqgXwE

 

最初に見たときは、え?と思いました。

何じゃこれ。みたいな感じです。

この記事を書いた女性の本当の意図はわかりません。

でも、ダイバーシティ、と言っている時代に、あまりに一方的で、表層的な見方だと、特に男性とはこういう人たちだ、みたいな。中にはこういう人もいるでしょう、でも、露出の高いメディアではあまりに無謀。

 

今や料理、家事大好き、女性よりお得意の男子も多い時代です。

女性をひとくくりでくくってはならないのと同時に、男性もひとくくりでは語れませんね。

子育てとは、なぜ、両親で関わることが大事で必要なのか、女性が働くからだけではない、これも答えの一つにすぎません。

 

そして、だから、どうして、育休義務化に異論なの?というところがぴんときません。男性育休には反対ではなくっても、義務化で押し付けられるというところがNGというのが一番のポイントなのでしょうか。周りの話を聞いていても、世の中では、もっともっと遅れていて、男性育休を義務化でもしないと取れない企業が多い。性善説ではなく、性悪説に立たないとならないのが、制度だと思います。クオーター制度と一緒ですね。世の中を変えようとするときに、きちんと向き合う、そして、根本から変えていかないとかわりません。ここに書かれている3つのケースはどれも、個別で解決できる話。大した理由ではない。それが義務化の反論にはなり得ないと思うのです。

 

最後に書かれている、タイミング、これは大賛成です。出産前後だけではなく、産後鬱や、また、育休復帰時(慣らし保育期間)、学童の終わった時期、どこでも夫婦で考える、それで義務化もOKではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

前からわかってたこと。
冷静に、今後どうすべきか徹底議論すべき。報告書云々の話より。

パンプスやヒールを強要するなという活動らしい。

こういう活動があって少しびっくりした。というのはそれは当たり前だから。自由だから。と思っていた。

職場ではそうではないらしい。

考えてみたら弊社のサロンでも働きやすいものでよいのだが、年配のお客様もいらっしゃるので、かなり

細かい写真付きのマニュアルを作っているようだ。以前から、所謂底のある運動靴とかどたどたするような靴はだめということは規定している。サロンに通勤し、履き替えれば良いから。でも、なるたけ自由で楽が良いと、おしゃれ系スニーカーは、良いとした。パンプスやヒールが必須とはしていない。葬儀屋でのアルバイトをしている女性が規則にあるのが辛いと。葬儀屋さんの靴って黒パンツにあえば、低いパンプス、つまりヒールなしでも良いように思うが。何でだろう。ま、パンツで、足が短く見えるから個人的には少しだけヒールが欲しいけれども。結局、3センチヒールなのか、5センチ以上ヒールなのかということになるように思う。パンプスより履きやすい黒合成皮革のスニーカーっぽいものが一番良さそう。それもダメな職場ならそれは本当活動の意味がある。

私自身は足を悪くしてから(数年以上前にブーツで一日立って販売を3日に渡りしていたら靭帯を損傷した)所謂ピンヒール的なものは長いこと履かない。それに、夏はサンダルのシーズンだから、5月〜10月はサンダル。それも歩くこと、立つことが楽なものにしている。なので、どうしてそういうつっかけみたいなのを履いているのか、気になる人からは言われる。オリジナルのサンダルで、特注だけどね。いずれにしろ、TPOをわきまえること自体の軸も変革、広がってきているということだから。

これが男女の問題、差別の問題となると、いささか、やっかいだ。

元事務次官の方のニュースを聞いた時に、きっと、色んな背景があったと推測した。やはり、色々なことが。特に児童への危害は、本当に心配したのだと思う。殺人は許されないけれども、また、引きこもりイコール事件ではないが、このまま放置しておくことの危険性への警鐘となる事件か。

わからないことがわからないと、コミュニケーションできない。難しいね。

50代の容疑者の殺人の背景に、親の離婚やら、親族の育て方とか、愛情が足りないとか、色々出てきている。全て親や育ての親の責任にするのだろうか、社会の?学校の?

こういう事件が起きる度にどこかに責任をなすりつける報道の姿勢が気になる。同じ境遇でも、きちんと立派に生きている人は多い。20とは言わない、30とも言わない、せめて40歳を過ぎたら、幼稚園や小学校時代を引きずることのない対処方法がないものだろうか?全て自己責任なのだ。過去にとらわれてばかりいて、惨めな自分でいて良いわけにはいかない。過去を断ち切り、自分の未来を明るい責任あるものにするために、そして、関係ない児童や大人の未来を奪う非道な行為をもう二度とさせないために。

認知症の発症を1歳遅らせる。しかも10年かけて。そうすると、一割減だと。

もう少し積極的目標を持てないものか?そして、そこに辿る方策が弱くないだろうか

認知症になった、または、なりかけの人の進行をどう止めるか、急務。

老人ホームで、色んな光景を見たからこそ、感じることが多い。

前から思うのだが、小室さんに対する批判が多いよね。眞子さまが選んだ人だから信じてあげれば良いのに。それに、ニューヨークの弁護士資格とっても弁護士やらなくて、弁護士資格を活かして企業に勤務したりも、普通に行われていること。それを、批判するのも、どうなのかな。何だかんだ、嫌らしい感じがする。問題は、本人ではなく、お母さんなんだから。

街でよく見かける保育園のお散歩風景。歩いている子、ボックスカーに乗っている子、黄色やピンクの帽子を被って。先生に引率されて。

そう、24年前に、我が子の姿も一度見た。大丈夫かなと思う気持ちが湧いて、お任せしないとと、オフィスに向かった。あの光景だけは、忘れない。

なので、今回の痛ましい事故、本当に悲しい。右折するのに前方不注意?人災は、避けられる。車は凶器だ、更なる自覚が必要。

日本全体が休むこの10連休。交通機関や、弊社のような、サービス、小売、飲食店以外は、どこもかしこも、お休み。私は、色々なことが重なり、役所も、金融機関も、どこもかしこも、閉まってしまって、進まないことが多すぎて、本当に困りました。

お休みを取るのは良いけれども、タイミングを自由に選べる仕方が良いと思うのだが。

一斉休暇、お盆も、そろそろやめないかな?


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM