パンプスやヒールを強要するなという活動らしい。

こういう活動があって少しびっくりした。というのはそれは当たり前だから。自由だから。と思っていた。

職場ではそうではないらしい。

考えてみたら弊社のサロンでも働きやすいものでよいのだが、年配のお客様もいらっしゃるので、かなり

細かい写真付きのマニュアルを作っているようだ。以前から、所謂底のある運動靴とかどたどたするような靴はだめということは規定している。サロンに通勤し、履き替えれば良いから。でも、なるたけ自由で楽が良いと、おしゃれ系スニーカーは、良いとした。パンプスやヒールが必須とはしていない。葬儀屋でのアルバイトをしている女性が規則にあるのが辛いと。葬儀屋さんの靴って黒パンツにあえば、低いパンプス、つまりヒールなしでも良いように思うが。何でだろう。ま、パンツで、足が短く見えるから個人的には少しだけヒールが欲しいけれども。結局、3センチヒールなのか、5センチ以上ヒールなのかということになるように思う。パンプスより履きやすい黒合成皮革のスニーカーっぽいものが一番良さそう。それもダメな職場ならそれは本当活動の意味がある。

私自身は足を悪くしてから(数年以上前にブーツで一日立って販売を3日に渡りしていたら靭帯を損傷した)所謂ピンヒール的なものは長いこと履かない。それに、夏はサンダルのシーズンだから、5月〜10月はサンダル。それも歩くこと、立つことが楽なものにしている。なので、どうしてそういうつっかけみたいなのを履いているのか、気になる人からは言われる。オリジナルのサンダルで、特注だけどね。いずれにしろ、TPOをわきまえること自体の軸も変革、広がってきているということだから。

これが男女の問題、差別の問題となると、いささか、やっかいだ。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM