一二週で解消されるどころか、本当にどこにもないですね。びっくり。

電車でマスクしてない人見かけると驚いてしまうが、探してもないのかも。

神戸大の岩田教授、そして、それに対して、高山厚労省の医師のSNSでの応答。どちらが、真実なのか、というより、色々な状況を踏まえて、自分で、状況判断を。むやみに煽るのではなく。

しかし、やはり、誰もが思う。クルーズ解放の方の検査は、直前陰性ではない。むしろ、やりたくてもやれなかったというコメントすらある。

本当に、大丈夫なのか、本人たちも、心配だと思う。

かなり高い方だが、それが、何日も続くなら、早めに医者にいくよね?行かないと、肺炎になるかも。と、経験者は語る。とにかく、病院に行くと、うつるリスクもあるから、避けていたのだが。

まず、コロナ?の一つは電話して!とのことだが、、きっとこの電話通じないよね。熱があるのに。

2/5風邪?インフルエンザ?と思って、微熱が。この時期うつしたらいけないと家で仕事をする日々。高熱になりその後下がったものの、2/10病院で検査。レントゲンもする?と言われ、いらないのでは?と思うものの、ま、やります!といって良かったです。レントゲンで肺炎と。抗生剤投与。そして、2/14再度レントゲン。肺炎しっかり治りました!

それにしても、自分が肺炎になるなんて思いもせず。疲れがたまっていたんだなぁと自覚。
ついでに、コロナウイルスの可能性については、もはや、わからない。でも、もう、熱もないし、肺炎も治ったので、関係ないでしょう、との医師の言葉。元々ウイルスではなく、細菌が悪さした肺炎でしたからね。

いや、皆さん、微熱も侮れない。あれ?と思ったら、レントゲン撮ればすぐわかります。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM