備えあれば憂いなし。こわれている懐中電灯。古くなった非常用食品。リュックにいれて小分けしている洋服類も冬用に換えないといけない。

幼い頃からいつか大型の関東大震災が来るといわれて育ったもので、地震が来る度にこれか?と思う。小学校の時には地震が来て後で気がついたら一人だけ机の中に隠れていて恥ずかしい思いをしたこともあった。

子供が小さい頃は通学の時に地震が来たらどうしようかといつも思っていた。今は、小学六年生なんで、どうにか自分の知恵で生きるということを自分で学び取る力はついていると思うが。

なくなったかと思っていた指輪があった。ほっと。昨日は朝から連絡をして色々探したのだが、結局うちの中で帰宅後見つけた。この指輪、実は西麻布のFish Bankのトイレのシンクの中の管に落としてしまったのだが、次の日店に便利屋さんが出向いてくれてとれたのです。だから、とっても縁がある指輪です。何だか身に着けているアクセサリーって命の続きみたいに感じる。

一昨日の三木谷さんのコメントが頭の中をぐるぐる。スピード!すぐ改善!そうそう。

そう言えばこのブログを結構色々な方が見てくださっていて、とっても光栄です。YEOでもえっと言うような忙しい方が読んでくださったことがあると言ってくださって、うれしいなあ。

昨晩はYEOの会合、今や時の人、楽天の三木谷さんが1997年2月創業以来のお話をしてくれた。とっても自然体の方で、逆に驚いた位。起業家特有のぎらぎらしたものではなく、スマート。18日の日経新聞の理論派の三木谷さん、直感派の堀江さんというのがあったけれども、社長のタイプというより、エリートビジネスマンという感じ。

でも彼の話はとても参考になった。

その後、ゲンダイエージェンシーの山本さんのIPOの祝賀会。そのお祝いの言葉でフルキャストの平野さんの話、とっても心にぐさっときた。

起業家はつるんでいてはいけない、社員が働いている中、このYEOの会合に来ることの意味は大きい。つまり、何かを学んで帰れと。そして、その何かが学べるところだと。
あいつにできてオレに何故できないのかという悔しい気持ちがバネになると。

指輪をなくしてしまったけど、得たものも大きい。でもショック。



学校が休み。実は昨日から子供は母と旅行だったのだが、台風で延期。いつもお願いしているベビーシッターさんは予定があり、結果、会社に連れてくるしかない。これが普通の日なら留守番でよいのだが、何分台風。

それにしても何だろう。聞くところでは人によっては子供を会社に連れてくる社長さんも多いようなんだが、私の場合はいつも後ろめたい。余計な気を使う。独身のスタッフが多いということもあるんだが。なんで、できれば連れてきたくない。来ても個室にずっと入っていてもらう。と言っても子供のことなんで、突然歩いていたりする。

仕事しているところに子供がいるのはお客様がいらしたらどうしよう?とかスタッフに迷惑ではないかとか、すごく気をつかって人一倍疲れる。

私って小心者。



知人のお父様が亡くなった。お墓、お葬式で何やかんやで1000万はかかると。お葬式の日本の平均は200万台、東京の平均は300万台だが、あっという間に100万ごと上乗せがあるらしい。ひえーっというお値段。お墓も値段はあってないもの。明朗会計ではないと。人のフトコロを見て値段を言うそうだ。そんなことが今どきあっていいの?と知人。

死ぬのにもそんなにかかるなんて。知らなかったと。。。私も知らなかった。

死ぬ頃になったら、子供に言っておいたほうがよさそう。戒名は一番下の格でいいとか、やれ松竹梅の竹がいいとか、どうのこうのと。そうしないと残されたものが気を使いそうだ。いらないことに。



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM