講演はこのところどちらかというとお断りしていた。何分、予定がたたない。本業が忙しいということあり。でも10月は季節柄か何故か今週と来週で計3つ。

講演することによって得ることも大きい。若い人が何を考えているのか、何を感じているのかがわかるから。

1つ良い質問があった。自分の能力とその限界値は?ということ。自分は限界がわからないが、個々の能力が限りなく成長していけるものであるとすれば、限界がもっと拡がるのであろうが、それがもしかしたら、無理なのに無駄にやっているのではないかというような質問。裏返せば、もっと限界が拡がるのに諦めてしまっていないか、中途半端ではないか?という質問。

これは正に私の生きるテーマだ。20代、30代の頃から何か中途半端に能力を発揮しないでいた。でも会社をやるようになってから、そんなことは言っていられなくなった。今なんて正にそうかな。能力がどうのこうのではなく、やらなくっちゃ、誰がやるの?というのがベンチャー。

スタッフを見ていてもそうだが、結局、努力がなくなれば終わり。成長と結果はない。

ベンチャーを応援するエンジェルの組織をまとめている井浦さんにお話を聞いた。その模様は、天職.com ( http://www.10shoku.com ) に掲載される。

やはり、ベンチャーは経営者の時代にすぐ対応できる敏感な感性と先見性、融通性、エネルギー、運、このあたりもキーと。

運、確かに運は掴むもの。これが私の信条だ。

楽天の三木谷社長は夜中でも社員の携帯電話にばんばん指示を飛ばすらしい。本日の日経に載っていた。そうか、遠慮しないんだなあ。

実は、ずっと違和感があった。よく、○○さんに連絡をとった?というと、いえ、○○さんは今日はお休みです。と言われる。私から見ると早く連絡をとって、その件はすぐ決定、実行、終了したいレベルのことなんだが。社員同士、自分も休みに仕事の連絡があるのは嫌なんだろうなあ、と思って遠慮してしまうこともあった。勿論、遠慮しないこともあるけど。特にうちの場合は店舗スタッフと本部スタッフの休みが違うからどんどん遅れてしまう。

実際、私自身、サラリーマンの頃は休みでもポケベルを持ってばんばんTELのある生活だったから、何か違和感がずっとあった。

さすがに、夜中に指示を飛ばすまでの緊急事態は弊社の場合はないけれども、やっぱり休みでも必要なら連絡をとるのはスピード、顧客への対応、企業の成長から言っても必要なんだなあと実感。

人生はこれでもかって色々なことがあります。日々、試練の連続かな。

今週はネイルクイックの半年に一度の昇給試験でした。
弊社のネイリストさんのお給料は技術、接客に基づくランクと、実績、役職手当で決まります。最初のうちは固定でしたが、一生懸命やってもやらなくっても同じ給与ではおかしいと人事制度を変更しました。全てにフェアかどうかはまだ試行錯誤ですが、少なくとも色々と多面的に見ようとしています。

やっぱり、どんな仕事でもやったことがやっただけ跳ね返らないといけませんね。やらなくっても同じでは周りが納得しませんから。でもこの判断が結構難しい。評価というのは、意外に本人の価値観と周りの価値観がずれていることがあります。数字でわかることでもです。人間は自分に甘いのが常です。

社長業では自分に甘いわけにはいきませんが、他人に甘くってもいけないんだということも最近実感です。というのが自分への猛烈な反省。

私は、念じれば為ると思っている。
だめだったら、次の手を瞬時に考える。
それでもだめなら、また次の手を考える。
絶対に負けない。転んでもただでは起きない。
そうしてこの11年やってきた。
できないことはないはず。
エネルギーがある限り。
責任感がある限り。
夢がある限り。

私が嫌いなのは失敗の言い訳をしたり、責任感のない人間。そういう人間にだけはなりたくない。責任感というのはきちんと最後で結果を出すこと。頑張るとだけはいくらでも言えるから。

昨晩の古舘さんの幹事長インタビュー、結構面白かった。
早く本領発揮してほしい。彼は天才なんだから。



どうして会社をやりたくなったか。。ニューヨークに遊びに行ってはまって申告して赴任で行かなかったら、ゼッタイこんな人生をおくっていなかった。では、どうしてニューヨークに行ったのか、たまたま友達が住んでいた、ウディアレンの映画が好きだった。友人と知り合ったのは、友人の紹介。では、その友人と知り合ったのは大学。では、その大学を選んだのは、実は結構、新宿の母の影響。今も現役のストリートの有名占い師さん。この私が占いなんて一生でも最初で最後だった。慶応に行くかICUか。自分自身の悩みは全くなかったんだが、両親の手前、敢えて遠くの学校を選ぶ説得材料が欲しかった。ICUの方が海外に将来行けると。あたってたんだよな。でも、ある意味では誰でもそういうかも。

それにしても、今の日本に20年前の私がいたら、やっぱり同じく起業家を目指していたと思う。最近の日本、正に起業家風土が確実に醸成されている。それに、グリーで驚いたんだが、最近のベンチャー企業って本当に高学歴。一流大学揃い。昔だったら、大企業に入社したような人がベンチャーに就職したり、ベンチャーを立ち上げている。何か、日本の将来が楽しみ。

昨日はある意外な人から会社(店)のことで相談あり。何でもその会社のスタッフのことでとっても喜んだ後にがっくり来ることがあったと。でも、それって、立場が違うとわからないかも。その社長さんが感じたことをそのスタッフさんには理解できなかったかも。

立場ねえ。
たまには入れ替えるとおもしろいかも。一日社長とか、一日上司持ち回りとか。

私もサラリーマンの時は上の人の愚痴や文句だけ言っていれば良かった時もあった。今から考えるとそれは結構楽チンだったかも。

でも、今になって思うのはやっぱり人のせいにしていたら成長なしなんだなあってこと。皆がみんなポジティブになれたら会社も個人もいいけどね。

P505iS0014811469.jpg
オープンしました。茅ヶ崎ルミネ内4階ですが、駅からの入り口が3階なので実質二階です。とてもお客様の反応がよくとてもうれしいです。

お店のオープンも20軒を過ぎると、大体初日の反応で今後の売上の見通しがつきますが、茅ヶ崎の方は、お若い方は勿論、50−70代の方も爪をきれいになさってきちんとお化粧し背筋を伸ばして歩いていらっしゃる品の良い奥様方が多く、さすが湘南と思いました。また、今まで横浜まで爪の手入れに行っていたのよ、よかったわ、とおっしゃってくださる方もいらして本当にうれしいです。

それにしても私もいくつになっても、女?を捨てずにいたいと思いました。ビジネスでは男も女も意識をしていないですが。。。

この年になって、一応年齢としてもある程度のことが言える年になったけれども、逆にわかったのは年齢なんて関係ない、若くてもきちんとモノの言える人の話は聞きたいと思う。

今日はYEOの例会にかなわないなと私がずっと思っているM&Aコンサルティングの村上社長が来てくださった。彼は日本での私ども夫婦の結婚式の司会もしてくれた人。主人の大学時代からの友人。

いまや私の古巣との色々な挑戦あり。でも、彼の言っていることは筋が通っている。日本の社会を変える人の一人であることは間違いない。

ゲンダイエイジェンシーの山本社長、上場。おめでとうございます。彼は男の中の男の経営者の一人。気骨がある人。

今日も勉強会。大物社長がいらした。常識をいつも破ってきた社長。とっても豪快。ざっくばらん。自然体で無理をなさっていない方。

彼いわく、店にはそれほど行かない。97店舗のうち、50何店舗は行ったことがないくらい。権限委譲を徹底的にできるシステムにしている。

昔は鬼軍曹。ここ最近はほめまくる。

その人の前では指摘するが、いないところではゼッタイに悪いことは言わない。社員にも言わせない。とのことだった。

また昨日はJUGEMダウン?困りましたね。。最近、ライブドアさんのブログの加入が増えているそうな。しょっちゅうとまってしまうとやはりただで使っているくせに文句を言ってしまいたくなるのは。。人間。

そう言えば、弊社の天職.com、当然個人の方は無料登録で職務経歴書の例文がただで使えちゃう。企業の方も、成長率の高いベンチャーさんにどんどん御登録いただいてと。
無料で登録、掲載無料なんですが、何で、無料なの?どこかにわなが。。などと、無料というとかえってエっと思われるのが痛い。要は、企業さんから見ていただければ、応募してきた人の履歴をご覧いただき、面接したいというところで課金するシステム、応募するほうから見れば自分の応募した会社だけに履歴を見てもらえるシステム。痒いところに手が届くシステムなんです。。どうぞよろしく!!


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM