アナウンサーをやっていた頃、色々な著名人にお会いした。
一番印象に残っているのは裕次郎さんだ。
そして、奥様。
ハワイでヨットに乗せていただいた。取材の一貫だが、その後のパーティーで奥様と裕次郎さんのカップルが本当に最高に格好良かった。
こんな素敵な大人のカップルがいるんだと。
そりゃそうだ。世紀のカップルだもの。
でも、外側はもとより、何といっても心が優しい方達だった。
テレビで5夜連続。ずっとは見られなかったが、涙なくは見られなかった。

ドラマは最近忙しくって全然見ていなかったのだが、ひょんなことから見たらおもしろい。セリフがふるってる。脚本家を見たら、女性でもなく、しかも、既婚者でもないらしい。女性の気持ちがよくわかるなあと、双方の立場の。と感心。

ドラマのHPを見ると、まあ、夫への不満のBBS。生々しい。
これ、男性が見たらぞっとするだろうなあ。アエラの先週号と先々週号の特集30−40代の女性レポートにも驚いたけど。記事を見たら知り合いの記者だった。さすが、直球だ。要は事実のほうがドラマよりドラマらしい?

野球はやっぱりドラマだ。と西武、ダイエー戦を見て思う。
サッカーもそうだけれども。

スポーツの面白さ。
やるのも見るのも。
何か本気で取り組もうかな。

プロ野球新球団どうなるのでしょう。

漸く見に行った。うーん。映画でもなく、ドキュメンタリーでもなく、単なるプロパガンダという向きもあるだろうが、私はマイケル・ムーアの果敢な挑戦にエールを送りたい。

1ヶ月前にアメリカに行った。グランドゼロには行ったが、アメリカで戦争を感じる機会は本当に少なかった。

アメリカは貧しい人の犠牲の上にエリートが生きる世界。

私の知り合いのアメリカ人など、華氏911は一人のちょっとおかしなやつが作っている映画と見る気もないらしい。

日本はどこに向かっているのだろう。。

スパイダーマンを見る。六本木ヒルズは夏休み、結構すいていた。ハトバスツアーが来ていた。大人数だった。

トビー・マグワイア、普段のなんかもの悲しいなさけない顔がとっても良いよね。その顔があるから、マンハッタンの摩天楼をすいすいスパイダーして泳ぐように駆け巡るヒーローとのギャップが、私も、僕も、いつか変身できる、いつかあのヒーローになれるという気持ちが沸いてくるって思う。確かに2の方が良いという前評判通りでした。

27時間テレビを昨晩はつい2時まで見てしまう。何か未だに8チャンをメインでつけている私って。。でもテレビで受けるキャラってやっぱり勘でこの人、この人ってわかる。ネット局の人、絶対受けるタイプっているんだよね。

今日はハリーポッターを見に行くことになっているんだが。。24を最後まで見る時間があるか、明日からはとてもその時間がないので。そちらの方が気になっている。やはり、1より2のほうがおもしろいという周囲の評判に激しく同意。

この一週間、何だか怒涛のごとく。。。朝に夜に忙しすぎ。来週もほとんどオフィスにいられない。。重なるときは重なります。フル回転で11年やってきたが、どうしてこう年々忙しくなるのでしょう。。。この週末こそはほっとしないと。

週末は先日の水曜日にある創業者が勉強会で必読とオススメになった美女ナリー。。変換が違う、「ビジョナリーカンパニー2飛躍の法則」をまだ読んでいなかったので早速アマゾンで取り寄せた。木曜日に発注、金曜日に来たんで、まあ、何とこの週末には読めるわけ。。でもこの英語のタイトルはGood to Greatですって。英語の方が読む気するね。映画のタイトルもそうですが、かえって変、何でというタイトル多すぎです。
拍手緑。ちょっと小さいかな。

昨晩は芋と麦と紫蘇の焼酎を飲む。北海道の鍛高譚(たんたかたん)最高。

早起きし、六本木ヒルズのヴァージンシネマでパッションを見る。観客数はおよそ15名ほど。全米では3億ドルの興行収入とのこと。私財27億円を使ってメル・ギブソンが製作した。あまりの残酷なシーンに目を覆うことも度々。無知な人間の愚かさをひしひし見せられる。あまりに重い。英語を使っていないところに感動。しかしながら、日本ではヒットしそうもない。

その後ヒルズのL'Estasiに行き食事。椅子や壁の色などインテリアが好みだ。和牛カルパッチョを頼むが、先ほどの映画を思い出し、魚のカルパッチョにすれば良かったとひそかに後悔する。

今週はもう金曜日で、明日は週末。5月は早い。久々の天気だ。
雨が降ると、どうしてもクイック店舗の売上に影響があるので、天気に敏感になる。休み開け、また怒涛のごとく色々なことが起きる。売り込んでいた案件が1つ歩率の関係で他にとられる。クイックは他に比較しても価格を安く設定し消費者に還元している。よってどうしても家賃は低く設定せざるをえない。しかし、今回はこれが裏目に出る。しかし、同じことをやって何故未だに高い価格設定がありえるのか、やはり、業界の成熟度がまだまだなんだろう。
ところでGWは8冊程読破できた。大体ベストセラーは目を通すのだが、「世界の中心で、愛をさけぶ」は読んでいなかったのでこの機会に読んでみた。でも、どうしてこれが良いのかわからない。何でも「ノルウェイの森」を抜き、過去最多部数となったそうだが、何だか一回りも二回りも違うように思う。良かったのは「バカの壁」と「死の壁」。あたり前のことでも、うーんと唸る。

夜中1時、「24」season1を見終える。あー疲れた。何と、4日で見てしまった。週末の楽しみがなくなってしまった。season2は見るのを止めよう。疲れそう。でもどうにも私にはアレルギーのジャック妻がいないからいいか。。とも思ってしまう。

連休あけのメールに追われる。
連休の後半は「24」を見て終る。これは中毒になる。あと、残りは6話。
「冬のソナタ」もほとんど3日で見てしまった。一度見ると絶対に止められない。

昼は久しぶりにクライアント企業の人事ヘッドの方と。うーん、切れ味爽快。やはりできる方と会うとこちらまでできる気になる。気の問題?


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM